11月 20

新人賞ファイナリスト紹介〜その2〜松浦伸吾


松浦伸吾《霧中の紅》スコア

松浦伸吾《霧中の紅》スコア

第28回現音作曲新人賞の候補作品にノミネートされております、松浦伸吾と申します。拙作《霧中の紅》の初演の機会を与えて頂いたことを、心から嬉しく思っております。書きたいものを素直に書いた作品ですので、その喜びも非常に大きい。

先日、東京の幡ヶ谷において初リハーサルが行われました。今回の編成は三重奏。演奏者同士の対話または呼応というものが至極重要な要素となるこの編成において、作曲者としての私がその初演のために成すべきことというのは、実はほとんど無いのかもしれない。演奏者それぞれが、靄がかったようなこの作品の実体を何とか掴もうと挑んでくださっていました。その作業の後に、三者による濃密なアンサンブルが現れるのでしょう。

本選会まで一週間弱でしょうか。演奏家の皆様に委ね、“音楽”が豊かに表出されることを祈りつつ、初演の時を待つことができれば、と思います。

 

 

 

 

松浦伸吾(まつうらしんご)1979年生まれ。大阪音楽大学音楽学部作曲学科を経て同大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。近藤圭、久保洋子の各氏に師事。

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第1部] 第28回現音作曲新人賞本選会
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

松浦 伸吾/霧中の紅 [作曲2011年/初演]
竹内 弦・星野 沙織(ヴァイオリン) 兼重 稔宏(ピアノ)

★一般券2,000円はケットぴあで販売中(当日券は3,000円)
★学生券はなんと1,000円!お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net